Protective measures such as scaffolds and safety nets used in the construction sites.
カテゴリ: 保護産業

建設現場でどのような保護措置が講じられているか

業界の背景

建築建設は、特定の設計青写真に従って、さまざまな建築材料や機械設備を使用して特定の空間と時間に建物を建設する生産活動です。 建設活動が行われる場所は建設現場と呼ばれます。

技術要件

安全は常に最優先事項です 建設現場の保護を使用します。 安全第一と予防第一は、すべての建設現場の安全ポリシーとします。 建設作業員の安全を確保するために、建設現場でいくつかの保護措置を講じる必要があります。

ソリューション

さまざまなタイプの建設現場に応じて、以下のソリューションを提供できます。

ソリューション効果

基礎ピットの建設現場では、歩行者や建設要員がピットに落ちるのを防ぐために、基礎ピット保護ネットがピットの端に設置されており、関係者の安全を確保しています。高層ビルの建設現場では、鋼製の足場と厚板が使用されています。 さらに、周囲の安全スクリーンは、建設作業員の安全を守るために建設現場の周りで使用されています。

Excavation edge protection system is established around the foundation pit to avoid pedestrians from falling off.

発掘エッジ保護システム

Scaffold debris netting is placed around the high-rise buildings to protect the work safety of construction site.

高層足場システム

お問い合わせ